お役立ち資料

LegalForceキャビネの概要をお伝えする資料の他にも、契約書管理に関連するお役立ち資料をご用意しています。

  • 反社チェックの基本と実施方法

    企業に強く求められる、反社会的勢力との関係遮断。
    ひとたび反社会的勢力との関係が疑われると、様々な不利益を被る可能性があります。
  • これからのあるべき契約リスク管理体制

    契約書は、法令上契約締結後の保管の義務があるため、企業では当たり前のように毎年、大量の契約書が保管されています。そして、そのような契約書の多くが、締結後、顧みられることもなく、「保管するだけ」になっているのが実状です。
    しかし、「契約管理」とは、本来「保管」するだけのものではなく、「リスクマネジメント」を伴って初めて機能するものです。
  • 弁護士が解説!IPO準備企業に必要な契約リスクガバナンス体制

    IPOの際に求められるコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制強化の取り組みにおいて、重要でありながら抜け落ちがちなポイントである「契約審査・管理体制」。
    本資料では、弁護士がその重要性や、整備しない場合の危険性、そして構築・運用のポイントを解説します。
  • 「契約書管理の課題」調査レポート

    契約書を扱ったことのある1,000名を対象に、契約書管理の実態把握を目的とした「契約書管理の課題」調査を実施しました。

    (調査期間:2021年3月17日~3月19日)
  • 契約書管理担当者のための契約書管理の手引き

    企業活動のあらゆる取引において「契約」が取り交わされ、その内容を証するために締結される 「契約書」。
    契約書というと、「締結」や「レビュー」がイメージされ、皆さまの意識の中でもそれらが重要という認識があるかと思いますが、実は締結後の「管理」もそれと同じくらい重要です。
  • ペーパーレス契約書管理のはじめ方

    テレワークの普及を受け、昨今契約書の電子化が加速しています。紙の契約書と電子締結を行った契約書のデータが混在し、契約書管理は困難な状況となりがちです。こうした状況を防ぐためにも、契約書管理の電子化(ペーパーレス化)は極めて有効です。
LegalForceキャビネ で、契約書情報の入力作業も、契約書を探す時間も、
限りなくゼロに。