製品に関するお問い合わせ

03-4405-2943

資料請求
ログイン

[不祥事予防の必須知識]内部統制の基本

資料概要

内部統制とは「企業不祥事を防ぎ、業務の適正を確保するための社内体制」を言います。

内部統制システムの整備が義務付けられるのは大会社や上場会社です。
しかし、それ以外の会社でも、ガバナンスやコンプライアンスを強化する観点から、
内部統制システムを整備することは有効です。

内部統制には4つの目的と6つの基本的要素があり、
各企業はこれらを踏まえて内部統制システムを整備することが求められます。

本資料では、内部統制の目的や、内部統制システムを整備する際のポイントなどを詳しく解説します。

目次

1.内部統制とは
内部統制の定義
内部統制とコーポレートガバナンスの関係性
内部統制の4つの目的

2.内部統制の6つの基本的要素
内部統制の6つの基本的要素とは

  1. 統制環境|すべての基盤となる会社の姿勢・機能
  2. リスクの評価と対応|識別・分析・評価・対応のプロセス
  3. 統制活動|経営判断の円滑な伝達・実行
  4. 情報と伝達|現場レベルでの情報把握・共有
  5. モニタリング|内部統制システムの評価・見直し
  6. ITへの対応|会社内外のITシステムの利用・コントロール

3.内部統制システムを整備すべき会社
内部統制システムを整備すべき会社とは

  1. 大会社である取締役会設置会社
  2. 上場会社

1や2以外の会社でも、内部統制システムの整備は有効
内部統制に関わる人・組織の役割

4.AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」のご紹介

※なお、本資料は契約書にまつわる情報メディア「契約ウォッチ」の「内部統制とは? コーポレートガバナンスとの違いや システム整備のポイントを分かりやすく解説!」の記事を再編集したものです。

※本資料は、2021年12月17日公開時点の記事内容に基づいています。

お申込みはこちら

本ページのフォームに必要情報を入力して送信してください。ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロード方法をご案内させていただきます。なお、Gmail等のフリーアドレスでのお申込や、株式会社LegalOn Technologiesと同業の方からのお申込はご遠慮いただいております。
弊社プライバシーポリシーに同意の上、送信ボタンを押すことで、お客様が要求した情報のご提供、その他弊社製品・サービス等のご紹介、弊社のセミナー等のご案内を目的として、本フォームから送信された個人情報を弊社が保管・処理することに同意したものとみなされます。お客様はこれらの情報提供をいつでも停止できます。情報提供の停止方法及びお客様の個人情報を保護するための取り組みにつきましても、弊社プライバシーポリシーをご確認ください。

AIが、あらゆる契約書を自動管理。AIが、あらゆる契約書を自動管理。