製品に関するお問い合わせ

03-4405-2943

資料請求
ログイン

契約書の保管期間と保管方法

資料概要

契約書には、法人税法などで保管期間が定められています。

税務署などの行政機関による調査が行われることもあるため、法律で定められた期間は確実に契約書を保管しておきましょう。

特に電子契約を締結した場合(契約書をデータで作成し保存する場合)、電子帳簿保存法に定められた方法に従ってファイルを保管しなければなりません。

今回は契約書の保管について、
1.法人税法その他の法律における保管期間のルール
2.契約書の保管方法の種類・注意点
などを解説します。

目次

1.契約書の保管期間
法人税法が定める保管期間
契約書以外に保管が義務付けられている書面
契約期間との関係で保管すべき期間

2.契約書の保管方法
契約書の3つの保管方法
①紙媒体で保管する
②マイクロフィルムで保管する
③電子データで保管する

3.電子データで作成された契約書の保管方法
電子データで作成された契約書の保管方法
電子データのまま保存しなければならない

※なお、本資料は契約書にまつわる情報メディア「契約ウォッチ」の「契約書の保管期間はいつまで? 法律上の保管期間や効率的な保管方法などを解説!」の記事を再編集したものです。
※本資料は、2022年8月5日公開時点の記事内容に基づいています。

お申込みはこちら

本ページのフォームに必要情報を入力して送信してください。ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロード方法をご案内させていただきます。なお、Gmail等のフリーアドレスでのお申込や、株式会社LegalOn Technologiesと同業の方からのお申込はご遠慮いただいております。
弊社プライバシーポリシーに同意の上、送信ボタンを押すことで、お客様が要求した情報のご提供、その他弊社製品・サービス等のご紹介、弊社のセミナー等のご案内を目的として、本フォームから送信された個人情報を弊社が保管・処理することに同意したものとみなされます。お客様はこれらの情報提供をいつでも停止できます。情報提供の停止方法及びお客様の個人情報を保護するための取り組みにつきましても、弊社プライバシーポリシーをご確認ください。

AIが、あらゆる契約書を自動管理。AIが、あらゆる契約書を自動管理。