製品に関するお問い合わせ

03-4405-2943

資料請求

機能紹介

AI契約管理システム
「LegalForceキャビネ」の
主要な機能について
ご紹介します。

LegalForceキャビネの機能

AI契約管理システムLegalForceキャビネの主要な機能についてご紹介します。

LegalForceキャビネは、
締結後の契約書を一元管理し、
リスクを各段階で制御します。

  • 締結

  • 登録・管理

    • 電子契約サービスとの連携に対応しています。
    • 契約情報を自動抽出するので、契約管理台帳を手間なく作成できます。
    • 自由に閲覧権限を設定できるので、全社運用が可能です。
    • 電⼦契約サービスとの連携

      電⼦契約サービスと連携することで、電⼦契約で締結した契約書も紙の契約書と同様に管理することが可能です。
      フォルダごとに契約書のアップロードも可能なので、簡単に登録できます。

    • 管理台帳⾃動情報登録

      当事者名、契約書の開始⽇・終了⽇、⾃動更新の有無などの情報を、アップロードした契約書からAIが⾃動抽出し、契約管理台帳への登録を⾏います。台帳への⼿⼊⼒作業をAIが⾃動で実施します。

    • 管理台帳ダウンロード

      LegalForceキャビネ上で⾃動作成された契約管理台帳は、Excel形式でダウンロードできます。

    • 権限管理

      契約書の閲覧権限を所属組織やユーザーごとに設定できます。営業部門と管理部門と共有する契約書、人事部門のみが閲覧できる契約書など、自在に設定することが可能です。

    LegalForceキャビネについて
    詳しくはこちら

  • リスク検出

    • 契約書がテキストデータ化されるので、全文検索が可能です。
    • AIが更新期限を自動で計算し、メールでリマインドします。
    • リスクがありそうな契約書を自在に検索して、
      Excel形式でダウンロードできます。
    • 関連契約書を登録し、合意内容の変更を追跡、全社で共有できます。
    • 更新期限の⾃動リマインド

      AIが契約の終了 / 更新に関する期⽇を⾃動で計算し、メールでリマインドするので、不要な契約の更新や、重要な契約の終了を防⽌できます。

    • 契約書ごとの担当者設定

      契約書ごとに「担当者」を設定できるため、契約書の管理を担う担当者が⼀⽬で分かり、締結済みの契約書の放置を防止できます。

    • 全文検索

      LegalForceキャビネへアップロードした契約書は全⽂テキストデータ化されるため、契約書に含まれる単語から契約書を検索することができます。確認したい条⽂に直接たどり着けるので、該当部分を探す⼿間を削減します。

そのほかにも充実した
機能をご用意しています

  • 表示項目のカスタマイズ

    管理台帳画面に表示する項目はカスタマイズが可能なので、契約書を探す際に重要な項目や、確認することが多い項目に絞って表示させることができます。
  • IPアドレス制限

    IPアドレス制限をかけることで、社外からの契約書データへのアクセスを制限することが可能です。
  • 英語対応

    LegalForceキャビネの全機能は、英文契約書にも対応しています。日本語の契約書と同様にテキストデータ化、情報の抽出、台帳の作成が自動で行われます。

AIが、あらゆる契約書を自動管理。AIが、あらゆる契約書を自動管理。