製品に関するお問い合わせ

03-4405-2943

資料請求
ログイン

製品に関するお問い合わせ

03-4405-2943

AIが、あらゆる契約書を自動管理AIが、あらゆる契約書を自動管理

AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」

いますぐ資料をダウンロード導入企業600社突破!導入企業600社突破!
AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」
いますぐ資料をダウンロード導入企業600社突破!導入企業600社突破!

契約は、
締結後に効力を
発揮します。

何度もレビューを重ね、締結した契約書。
キャビネットにしまったまま、
放置してはいませんか?

契約は締結後にその効力を発揮するもの。
キャビネットにしまったまま放置してしまうと、
不要な契約が更新され、
余計な支出が発生してしまった

重要な契約上の義務に違反し、
損害賠償を請求された

そんな事態だって引き起こしかねません。

だからこそ、企業の事業価値を
適切に守るために、
“適切な契約管理”が必要なのです。

LegalForceキャビネは、
締結後の適切な契約管理をサポートする
「AI契約管理システム」です。

Feature

LegalForceキャビネでできること

LegalForceキャビネについて
詳しくはこちら

法律のプロも納得のクオリティを
実現する開発体制

  • AI研究部門を設置

    国内トップの研究者機関出身者や米国大手テック出身者などが在籍する研究部門を設置し、契約書言語処理を中心とした要素技術の研究・開発を実施しています。

  • 京都大学との共同研究

    AI・自然言語処理技術において京都大学と共同研究を行うことで、製品を通じて最先端のソリューションを提供します。

Security

貴社の機密データを守る
強固なセキュリティを確保

  • 大手日系企業もサーバを置く、Google Cloud上にクラウド基盤を構築しています。

  • 第三者機関(GMOサイバーセキュリティ byイエラエ株式会社)による脆弱性診断を実施し、侵入への対策を実施しています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得しております。また、ISMSクラウドセキュリティ認証を取得しています。

  • 情報セキュリティ専任者を設置し、情報管理を徹底しています。

AIが、あらゆる契約書を自動管理。AIが、あらゆる契約書を自動管理。