LegalForceの機能紹介

AI契約審査プラットフォーム
「LegalForce」の主要機能についてご紹介します。

リスク検知に関する機能

リスク検知

リスク検知
AIレビュー
契約書ファイル(Word/PDF/画像PDFに対応)をアップロードするだけで、AIが数秒で不利な条文や欠落条項を洗い出します。審査基準は法改正にも対応し、現在約40類型の契約書について、立場別のレビューが可能です。(2021年3月末時点)
英文契約書レビューオプション
英文契約書レビューについても、AIによるレビューが可能です。英国法と米国法に準拠し、9類型の契約書に対応しています。(2021年3月末時点)
比較
自社のひな形や、過去のレビュー済みの契約書と比較して、条文内容の差異や条項の抜け落ちをAIが瞬時に洗い出し、自社基準でのリスクチェックを効率化します。
下請法チェッカー
下請法が適用される業務委託契約について、下請法違反のおそれがある文言が記載されていないかをAIが瞬時に洗い出します。
重要度設定(AIレビュー)
AIレビューの指摘項目別の重要度は、カスタマイズが可能です。自社の方針に合わせて、審査基準を統一することができます。

リサーチに関する機能

リサーチ

リサーチ
条文検索
キーワードを入力するだけで、自社のひな形や過去の契約書から欲しい条文を瞬時に検索し、リサーチの手間を大幅に削減します。
修正文例・解説(AIレビュー)
AIレビューではリスクの指摘と併せて、修正の際の参考にしていただける修正文例と解説が表示されます。英文契約書の場合は、修正文例は英語、解説文は日本語で表示されます。
LegalForceひな形
契約書や株主総会議事録、社内規程、条文例まで、弁護士が作成した500点以上のひな形を標準搭載しています。キーワードや類型、業界などを絞って検索し、Wordでダウンロードが可能です。
ひな形解説(LegalForceひな形)
LegalForceひな形が対応している契約類型や法律についての解説記事です。学習教材としても活用可能です。
LegalForceについて詳しく知りたい方はこちら

文書編集に関する機能

文書編集

文書編集
Wordアドイン
LegalForceのWordアドインをインストールすれば、LegalForceの主要な機能をWord上でご利用いただくことが可能です。
Word編集
ブラウザ版のLegalForceからも、ボタン一つでWordが起動することができ、スムーズに編集作業に移行できます。さらに修正内容は自動でLegalForceに保存されます。
条ずれ・引用条チェッカー
面倒な条ずれの確認を、AIが一瞬で行います。引用条の内容もポップアップで表示されるので、確認時の行ったり来たりがなくなります。
表記ゆれチェッカー
「または」と「又は」の混在、「瑕疵担保」などの既に廃止された用語の記載など、契約書ならではの表記ゆれについてもAIが瞬時に洗い出しを行います。

ナレッジ共有に関する機能

ナレッジ共有

ナレッジ共有
社内ライブラリ
検索性の高い自社専用の契約書データベースです。アップロードされたキーワード検索からすぐにアクセスが可能になります。
バージョン管理
契約書の修正履歴を見やすく管理し、後から別の担当者が見ても交渉・修正の過程を辿ることができます。
コメント
案件に関する情報や修正の背景ををコメントとして契約書毎に残すことができます。
メール・Teams連携
コメント機能はメールやTeamsと連携し、新規コメントがついた際に通知を受け取れます。
LegalForceについて詳しく知りたい方はこちら

その他の機能

その他の機能

その他の機能
レビュー数レポート

LegalForce上で行われた契約書のレビュー数のレポートをユーザー別・月別に自動で作成します。

新旧対照表作成

比較機能の結果をExcelで出力し、社内規程の更新時などに必要な新旧対照表を一瞬で作成することが可能です。

電子締結連携オプション

電子締結サービスと連携することで、最終版の契約書の電子締結依頼をLegalForce上から相手方に送ることが可能です。(連携サービス:GMOサイン)

契約書管理関連サービス

締結済みの契約書の管理は、LegalForceキャビネで可能です。管理台帳への契約情報の入力の手間や、契約書を探すための時間を大幅に削減します。

契約審査を流れるように、
スピーディーに。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門スタッフより詳しくご説明いたします。

製品に関するお問い合わせはこちら

03-4405-108903-4405-1089

平日 9:00 - 18:00