いまおさえておくべき債権回収の実務

お申込みはこちら

いまおさえておくべき債権回収の実務

本セミナーはウェブセミナーです。見逃し配信もございますので、当日ご都合つかない方もぜひお申込みください。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けて、2020年3月頃から日本全国で企業の倒産が急増しています。景気動向の影響を受けた企業の倒産は、一定の周期で定期的に増加しており、多くの企業にとって取引先の倒産自体は一定数発生しており、それほど珍しいものではないかもしれません。

しかし、2020年3月以降に、倒産に至った企業の業種をみると、国外・国内の人の移動が制限されることにより直接的に影響を受ける観光・飲食関連が全体の過半数を占めており、特定の業種への影響が非常に大きいところが新型コロナウイルスの影響による倒産の特徴といえます。
倒産した企業からの債権回収は法的に困難となる場合がほとんどであり、大口の売掛先などが倒産した場合には、そのような売掛先と取引を行っていた企業へも甚大な影響が及び、最悪の場合、連鎖倒産に陥る場合さえもあります。このような事態に陥らないように、取引先からの債権回収については、平時から対策を講じておく必要があります。

本セミナーでは、新型コロナウイルスの影響にとどまらず、一般的に取引先の倒産に備えた債権回収の実務の対応についてQ&A方式で疑問点を解説します。

プログラム

    • 18:00 - 18:05
    • セミナー開始前のご案内
    • 18:05 - 18:45
    • セミナー
    • 18:45 - 19:00
    • 質疑応答

登壇者

講師:松永 昌之 弁護士

法律事務所ZeLo 外国法共同事業

2009年早稲田大学法学部卒業、2012年東京大学法科大学院修了。2014年東京丸の内法律事務所入所。2018年2月、法律事務所ZeLoに参画。
弁護士としての主な取扱分野は、ジェネラル・コーポレート、スタートアップ支援、FinTech、訴訟対応、倒産など。訴訟、倒産案件に多数関与するとともに、企業の社外監査役を務めるなどジェネラル・コーポレート全般に関する業務を行っている。

モデレーター:南 知果 弁護士

法律事務所ZeLo 外国法共同事業

2012年京都大学法学部卒業、2014年京都大学法科大学院修了。2016年西村あさひ法律事務所入所。2018年4月、法律事務所ZeLoに参画。弁護士としての主な取扱分野は、スタートアップ支援、FinTech、M&A、ジェネラル・コーポレート、危機管理・コンプライアンスなど。消費者庁「消費者のデジタル化への対応に関する検討会AIワーキンググループ」委員を務めるなど、ルールメイキング/パブリックアフェアーズに関する業務も行っている。

開催概要

    • 開催日時
    • 2020年7月7日(火)18:00-19:00
      ※申込期限:7月5日(日)18:00
    • 視聴方法
    • ・お申込いただいた方へ、開催前日までにお知らせいたします。
      ・前日までに案内メールが届かない方は、お手数ですが、seminar@legalforce.co.jpまでお問合せください。
      ・見逃し配信(録画)の視聴方法もセミナー終了後、お申込みいただいた全ての方へご案内させていただきますので、見逃し配信をご希望の方も以下のフォームよりお申込みください。
    • 定員
    • なし
    • 受講料
    • 無料
    • 第三者への情報提供について
    • 以下のフォームで入力いただいた個人情報は、本セミナーを共催する法律事務所ZeLo・外国法共同事業への提供を予定しております。本セミナーの共催者以外の第三者に提供することは、ご本人様の同意がある場合又は法令に基づく場合を除いてございません。
    • ご注意
    • 同業他社や法律事務所の方のご参加はご遠慮いただいております。

お申込み

本セミナーのお申込み受付は終了いたしました。