解決できる課題

「LegalForce」は契約審査業務で直面するリスクの抜け漏れ、
レビュー品質、効率化など多岐にわたる課題を解決します。

リスク箇所や抜け漏れ
見落としが不安

リスク箇所や抜け漏れの見落としが不安
一般的な基準や自社の基準で
リスクの洗い出しをサポート。
AIが網羅的にリスクの洗い出しを支援するので、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポート。また、一般的な基準でのリスク検知支援から、自社基準との比較など、様々な角度から契約審査をサポートします。
リスク箇所や抜け漏れの見落としが不安
自動レビュー
自動レビュー
一般的な基準で、リスクの洗い出しをサポート
自社基準レビュー
自社基準レビュー
独自の確認項目や修正方針などを登録し、レビューに活用可能
比較
比較
基準となる契約書との差分の洗い出しをサポート

契約審査に多くの時間
がかかっている

契約審査に多くの時間がかかっている
AIが瞬時にチェック項目を表示。
修正の参考になる対応方針やサンプル条文も。
AIが瞬時にチェック項目を表示・該当条文をハイライトするので、論点をすばやく把握。チェック項目には、弁護士が監修した対応方針・サンプル条文・関連する法的な情報も併せて表示されるので、修正もサポートします。
契約審査に多くの時間がかかっている
対応方針・サンプル文例・関連情報の表示
対応方針・サンプル文例・関連情報の表示
弁護士が監修しており、自動レビュー機能で約50類型に対応
チェック項目は<br>ダウンロード可能
チェック項目は
ダウンロード可能
契約書にコメントが入ったWord、またはExcelでダウンロード可能
表記ゆれや引用条、<br>定義語のチェックも
表記ゆれや引用条、
定義語のチェックも
契約書ならではの校正に関するチェック機能も搭載

LegalForceについて
詳しく知りたい方はこちら

契約審査に関する情報や知見が
属人化してしまっている

契約審査に関する情報や知見が属人化してしまっている
締結までの修正・交渉過程や、
自社独自の審査基準などをナレッジとして蓄積。
締結までの修正・交渉過程や、過去の契約書や自社ひな形、自社独自の審査基準などをナレッジとして蓄積できます。
ナレッジを活かした契約審査を可能とし、属人化を防ぎます。
契約審査に関する情報や知見が属人化してしまっている
<span class="spacing">アップロード</span>した契約書は自社専用<span class="spacing">データベース</span>に
アップロードした契約書は自社専用データベース
参考にしたい契約書や条文をすぐに見つけられます
自社独自の<br>審査基準の登録
自社独自の
審査基準の登録
自社ひな形をベースに登録することで、自社基準レビューで活用可能に
<span class="spacing">ドラフト版から最終版まで</span><br class="pc">バージョンごとに管理
ドラフト版から最終版まで
バージョンごとに管理
修正経緯や、チームのやり取りの履歴も併せて残すことが可能

LegalForce導入企業の94%以上が品質効果を実感。
95%が時間削減を実感しています。

  • 80%のユーザーが契約書レビュー・修正業務の品質向上を実感

    契約書レビュー・修正業務の
    品質向上を実感しているユーザーの割合

  • 93%のユーザーが契約書レビュー・修正業務の作業時間短縮を実感

    契約書レビュー・修正業務の
    作業時間短縮を実感しているユーザーの割合

※出典:2021年9月 LegalForceユーザーアンケート(n=113)

契約審査を、流れるようにスピーディーに

LegalForceの資料をダウンロード
サービス資料ダウンロード
法改正などのお役立ち資料を
ダウンロードいただけます。
資料ダウンロード一覧
LegalForceが開催する
セミナーにご参加いただけます。
セミナー一覧