製品に関するお問い合わせ

03-4405-2943

資料請求
ログイン

契約管理システム導入の経緯と進め方

資料概要

多くの企業でDXの取り組みが加速しています。
ただ、手段ありきのツール導入では、結局使いこなせなかったり 、現場の運用になじまなかったりと課題が見え始めています。

岡山県倉敷市に本社を構え、ソフトウェア開発を手掛けるピープルソフトウェア株式会社は、契約業務をめぐる状況の変化の中、目的から手段を検討し契約管理システムを導入。業務効率化だけでなく、従来保管するだけだった契約書データの利活用も実現しています。
取り組みを推進した経営推進本部の山本博昭氏に、検討の経緯や実際の進め方、効果を聞きました。
担当として契約管理業務のDXをはじめようとしている方、DXに興味はあるけど何から手を就けて良いか分からない方、みなさんが実践できる例です。

※本レポートはウェブセミナー「DX 業務効率化だけに終わらないこれからの契約業務」の内容を再構成したものです。

お申込みはこちら

本ページのフォームに必要情報を入力して送信してください。ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロード方法をご案内させていただきます。なお、Gmail等のフリーアドレスでのお申込や、株式会社LegalOn Technologiesと同業の方からのお申込はご遠慮いただいております。
弊社プライバシーポリシーに同意の上、送信ボタンを押すことで、お客様が要求した情報のご提供、その他弊社製品・サービス等のご紹介、弊社のセミナー等のご案内を目的として、本フォームから送信された個人情報を弊社が保管・処理することに同意したものとみなされます。お客様はこれらの情報提供をいつでも停止できます。情報提供の停止方法及びお客様の個人情報を保護するための取り組みにつきましても、弊社プライバシーポリシーをご確認ください。

AIが、あらゆる契約書を自動管理。AIが、あらゆる契約書を自動管理。