AI契約書管理システム「LegalForceキャビネ」導入社数200社突破

2021.08.23

~導入社数、3か月で2倍へ~

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)が提供するAI契約書管理システム「LegalForceキャビネ」において、2021年8月時点で有償契約の導入社数が200社を突破したことをご報告いたします。

AI契約書管理システム「LegalForceキャビネ」とは

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」で培った自然言語処理技術と機械学習技術を活用し、契約締結後の契約リスクの制御を目指すシステムです。

契約書のPDFデータをアップロードまたは電子契約サービスと連携すると、自動で契約書情報(「タイトル」、「当事者名」、「締結日」、「更新拒絶期限日」、「開始日、終了日」等)を抽出し、検索可能なデータベースを構築します。これにより契約書データの一元管理、延いては契約リスク管理を実現します。

契約マネジメント体制の構築を実現

企業は新たな契約締結、もしくは契約更新により、契約書の保管件数は年々増えていきます。自社で締結している契約の内容を把握し、更新管理等の行動につなげることが望ましい一方、膨大な契約書を全て把握することは現実的には困難です。「LegalForceキャビネ」により、導入企業は締結後の契約を一元的に集約・管理し、手入力の工数をかけることなく当事者名、契約期間、更新期限等の台帳管理が可能になります。これにより、自社が締結している契約の全体像の把握、契約内容の可視化、および契約マネジメント体制を構築できます。高頻度で製品の機能改善・追加を実施しており、日々進化している点も、評価をいただいています。

直近3か月間でリリースされた新機能

「LegalForceキャビネ」は、2021年5月に導入企業100社を突破して以降、新たに4つの大きな新機能がリリースされています。

AIを利用した期限通知アップロードされた契約書から、AIが自動で抽出した契約更新拒絶期限日や契約終了期日の情報に基づき、期日の近い契約書情報を自動で通知します。
カスタム検索完全一致検索、検索キーワードを含まない契約書の検索や、複数キーワードをすべて含んだ契約書の検索できます。
関連契約書機能原契約書と変更契約書など関連する契約書同士を紐付けて登録することができます。
一覧表示項目のカスタマイズファイル名、管理番号、メモなど契約書一覧画面の表示項目を、ユーザーが自由にカスタマイズできます。

LegalForceキャビネ で、契約書情報の入力作業も、契約書を探す時間も、
限りなくゼロに。