製品に関するお問い合わせ

03-4405-2943

資料請求

効果的な活用法

契約管理業務における
様々な課題に対して、
LegalForceキャビネを
活用していただけます。

LegalForceキャビネの効果的な活用法

契約管理業務における様々な課題に対して、LegalForceキャビネを活⽤していただけます。
LegalForceキャビネがどのように課題解決していくかをご紹介します。

契約管理を自動化・効率化

検索時間・管理工数
課題を感じていませんか?
59 %
台帳への記入が
負担な上に
誤記が不安
47 .1%
必要な契約書を
すぐに取り出せないので
問い合わせが必要

目的:契約書管理における実態を調査 企画:株式会社LegalForce 実施:株式会社クロス・マーケティング

期間:2021年3月17日〜3月19日 対象:業務で契約書を扱った経験がある1,000名 方法:インターネット調査

User’s voice

SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」に
寄せられたLegalForceキャビネの
口コミ

  • 契約管理に使うリソースが減り
    時間・工数ともに削減につながった

    管理表のメンテにかかるストレスが減り、より価値のある業務に時間を使うことができた。また従来は使いやすい契約管理ができていなかったために各部からの既存契約に関する問い合わせも多かったが、初動としてキャビネで検索してもらうことで担当者が自分で確認できるようになり、時間・工数ともに削減につながったと感じる。

  • 業務効率化が進み
    コア業務に集中できる
    ようになった

    サービス導入により、契約管理は非常に効率化が進み、PDF読み取りなども含めて、作業費用が不要になり、コア業務に徹することができる。

LegalForceキャビネについて
詳しくはこちら

契約リスクを管理

契約リスクの管理
課題を感じていませんか?
契約管理の不備が原因で
問題が起こったことはありますか?
78 .5%

契約管理の不備が原因で
問題が起こったことはありますか?

  • 使用していないソフトの使用料を払い続けることになった
  • 契約違反による損害と賠償が発生した
  • 監査法人立ち入り時に契約根拠を示せなかった

2021年8月実施 株式会社LegalForce主催セミナー「契約リスク管理の考え方と進め方」アンケート結果より 回答数=151

User’s voice

SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」に
寄せられたLegalForceキャビネの
口コミ

  • 契約管理をアーカイブマネジメントから
    ナレッジマネジメントへ

    他社製品とも比較した結果、本サービスの契約書内容の読み取り機能と読み取り内容の利活用によって、「契約内容の管理・把握」に関して仕事のやり方から変革できる可能性を感じました。契約管理を契約書を大事にしまっておく「アーカイブマネジメント」から、内容を利活用する「ナレッジマネジメント」にシフトできると期待しました。

AIが、あらゆる契約書を自動管理。AIが、あらゆる契約書を自動管理。