組織体制をどう見直すべき?改革に成功するためのポイント

従来の組織体制では事業が思うように進んでない、そんなときに行うのが組織体制の見直しです。組織体制の見直しにより、様々なメリットも得られます。ただ、大事なのは組織体制の見直しをいかに成功させるかです。そこで、成功するためのポイントなどを紹介します。

「管理部門責任者必読 リスクマネジメント体制の構築」ハンドブックをダウンロードする

企業法務とコンプライアンスの違いとは?役割や具体的な業務内容について解説
この記事を読んで分かること

・組織体制を見直すメリット

・組織体制を見直す際のポイント

組織体制を見直すメリット

組織体制の見直しによって得られるメリットを考えてみましょう。

目標達成に役立つ

組織体制を見直すことで、目標が達成しやすくなることがあります。

これまでの組織では十分に機能せず、成果が上がりにくい場合に組織体制の見直しに着手することで、目標に合わせた体制作りもできるでしょう。

業務が効率化する

組織がマンネリ化すると、業務が滞りやすくなることがありますが、見直しを図ることで効率化することがあります。

例えば、組織体制の見直しにより業務フローが改善し、予想していた以上に業務が効率よくできるようになったという例もありました。

組織がスリムアップする

肥大化した組織では効率よく機能しないことがありますが、体制を見直すことでスリムアップし、社員間の意思疎通が図りやすくなることがあります。スリムアップにより軽快に動きやすくもなり、社員の作業能力アップも期待できるでしょう。

生産性が高まる

組織体制の見直しにより企業の生産性が高まります。見直しされた組織では、業務を効率よく行えるようになり、社員もフットワークを活かしやすくなるので、当然生産力もアップ。

次のような場合、組織の生産性が下がりやすいです。

  • 1つの部署でできる仕事を2つの部署が関係している
  • 作業をスムーズに進められる部署があるのに、別の部署が関わっている

このようなときの組織体制の見直しを行うことで、作業効率が向上し、生産性も高まるでしょう。

社員のモチベーションアップにつながる

組織体制の見直しにより社員のモチベーションもアップします。

硬直した組織で働く社員は思うように動けず、意思も通しにくく、モチベーションの維持が難しくなりやすいものです。仕事を頑張ろうという気持ちが薄くなれば、もうこの会社にとどまろうという気がなくなってしまうかもしれません。社員のモチベーションダウンは企業の生産性にも関わる部分。

いかに社員のモチベーションを維持し、気持ちをつなぎ止めるかが企業にとっても大事なのですが、その目的に貢献するのが組織体制の見直しです。

組織体制の見直しが必要な時期

組織体制の見直しを行う場合は、時期を見計らう必要があります。タイミングを間違うと、狙った効果も得にくくなるので、どのような時期に行えばいいのかを考えてみましょう。

外部環境が変化したとき

社会情勢の変化、経済状況の変動、市場ニーズの動向など企業を取り巻く外部環境が大きく変化するときがありますが、このような時期は組織体制の見直しに適したタイミングといえるでしょう。

周囲の変化に対して、機敏に対応し、ビジネスを減速させないための取り組みが必要だからです。変化への対応はビジネスにおいては非常に重要で、柔軟に応じられないと、業績の悪化につながることもあります。組織体制の見直しで乗り切ってみましょう。

新たな経営目標を掲げたとき

新たな経営目標を掲げたときも組織体制見直しにふさわしい時期です。新目標を達成するためには、これまでの体制では不十分な場合もあるでしょう。掲げた新しい目標に合わせるように新しい組織体制が必要になってきます。

業績が悪化したとき

業績の悪化の原因が社内にあるときは、組織体制の見直しで改善する可能性があります。
例えば、次のような組織だと、業績に悪影響があるでしょう。

  • 組織が硬直化し、機能しにくくなっている
  • 現場の意思疎通が図りにくい組織になっている
  • 社員の労働環境が悪化し、モチベーションが下がっている

思い当たる節がある場合は、思い切って組織体制の見直しを図るべき時期といえます。

社員の流出が続いたとき

社員の流出が続くときは、組織体制に何らかの問題がある場合があります。働きにくい組織になっている、コミュニケーションが取りにくい組織になっている、組織内の業務負担が多いなど理由はいろいろあるでしょうが、そうなると改善の必要も生じるでしょう。

つまり、組織体制の見直しをすべき時期に来ているということであり、社員の気持ちをつなぎ止めるための思い切った改革をしなければいけません。

組織体制の見直しを成功させるポイント

組織体制の見直しは失敗させるわけにはいきません。企業の業績をアップさせるためには効果的に実行する必要がありますが、そのポイントを紹介しましょう。

経営陣が音頭を取る

組織体制の見直しは、経営陣が主導して行わなければいけません。全体像を把握し、適切な改革を実行できるのは経営陣以外にはいないでしょう。

各部署や社員に任せても、一部の体制見直しはできるかもしれませんが、社内全体には行き届きません。企業の生産性を上げようと思ったら、全社挙げての組織体制の見直しが必要ですから、経営陣が音頭を取ることが大事なのです。

目的を明確にする

組織体制の見直しを行う際は、目的を明確にしておきましょう。企業の内部環境・外部環境も見据えながら、どのような目的のために見直しを行うのかはっきりすることで、達成へ向けての動きも加速します

組織体制見直しの重要性を社員と共有する

組織体制の見直しの重要性を社員と共有することも大事です。組織体制の見直しは経営陣が音頭を取ってやることですが、社員の協力なくして成し遂げられません。

社員が「経営陣がやればいいことだ」と冷めた見方をしていると、本当の意味での組織体制の見直しもできないでしょう。全社一丸となって改革を実行するためには、経営陣と社員同士で意思疎通を図っておかないといけません。

効果を上げやすいところから取りかかる

組織体制の見直しといっても、すぐに全ての組織をいじることはできませんから、まずは効果を上げやすいところから始めましょう。効果を感じにくいところから始めてしまうと、織体制の見直しの意義が分からなくなり、頓挫してしまうこともあります。

まずは効果を実感できるところから始めて、徐々に組織全体に広げるようにするといいでしょう。

組織体制の見直しにおける注意点

組織体制の見直しを行う上でいくつか注意した方がいいことがあるので、以下にまとめてみます。

社員の士気が低下しないようにする

組織体制の見直しにより、社員の士気が低下しないようにしないといけません。

人間は慣れた環境では活動しやすく、環境が変わるとうまく順応できないことがあります。組織体制が見直され、新しい環境になると、働きにくくなったと士気が低下することもあるのです。

それでは、会社の生産性にも影響があるので、社員のやる気を損なわないように見直しの目的を共有し、社員が対応しやすくなるようにしておく必要があります。

経営陣と社員の間に感情のギャップが生まれないようにする

組織体制の見直しに対して、社員が抵抗を感じることがあります。経営陣は積極的に見直す気持ちなのに、社員は嫌がっているということもあり得るでしょう。経営陣と社員の間で感情のギャップが生じているということです。

また、見直しがされた結果についても認識が異なることがあります。経営陣はうまくいったと思い、社員はかえって働きにくくなったと思う場合などです。

このような感情のギャップは組織体制の見直しの成功の足を引っ張ることにもなりかねません。経営陣と社員の間でしっかり意思疎通をし、組織体制見直しに対する共通の理解を生むことがとても重要です。

社内が混乱しないようにする

組織体制の見直しにより、社内に少なからずの混乱を生むことがあります。これまでと違った組織で働くことにも慣れにくいです。

多少の混乱はやむを得ないことではありますが、混乱が長引くと、社員のモチベーション低下にもつながりやすくなります。混乱の元をできるだけ早く収束させるために、組織体制の見直しの意義を全社員で改めて確認し合いましょう。

業績が落ちないようにする

組織体制の見直しにより業績が落ちてしまうことがあります。それでは、本来の目的と違ってしまうでしょう。

見直しは企業の業績をアップさせるために行うことですから、実行する際は間違いがないように改革すべきポイントをしっかり確認しておく必要があります。

離職率が上がらないようにする

組織体制の見直しに不満を感じて、離職する人が増えることがあります。これでは、見直しをした意味がありません。

組織体制の見直しは社員のモチベーションをアップさせて、頑張ろうという気持ちを引き出すために行うことでもあります。離職率が上がると言うことは、やり方が正しくないということなので、見直しの見直しを図る必要もあるでしょう。

まとめ

今回は、組織体制の見直しについての説明をしました。

組織体制の見直しを成功させれば、目標も達成しやすくなる、従業員のモチベーションがアップする、業務が効率化する、企業の生産性が向上するなどメリットが色々あります。

ただ、見直しを行うタイミングに気を付けなければいけないのと、見直し成功のポイント、注意点なども意識しておかないといけません。

そのため、準備を万端整えて、手順を誤らないようにし、社員にも周知させながら行うことがポイントになるでしょう。

「LegalForce」の機能紹介

LegalForceを活用すると、業務委託契約を締結する際に、リスクの見落としを防ぐことができます

特に、LegalForceは「リスク検知支援」や「リサーチ支援」ができる機能を備えており、これらは業務委託契約書のレビューの助けとなる便利な機能ですので、この機会に導入をご検討ください。

リスク検知支援

LegalForceには、契約書におけるリスクの検知を支援する機能が備わっています。

契約書ファイル(Word/PDF/画像PDFに対応)をアップロードするだけでAIが瞬時にチェック項目を表示し、リスクの見落としや必要条文の抜け漏れを防止します。審査基準は法改正にも対応しており、現在50類型以上の契約書について、利用者の立場に応じて契約書レビューをサポートいたします。

業務委託契約についても対応しているため、幅広い企業にご活用いただけます。

リサーチ支援

LegalForceには、契約書のレビュー時に必要なリサーチを支援する機能も備わっています。

キーワードを入力するだけで、自社のひな形や過去の契約書から欲しい条文を瞬時に検索し、リサーチの手間を大幅に削減します。自動レビューではチェック項目と併せて、修正時の参考となる一般的な条文例と、関連する法的な情報が表示されます。

さらに、契約書や株主総会議事録、社内規程など、弁護士が監修した700点以上のひな形を標準搭載しています。業務委託契約についてもひな形が搭載されており、Wordでダウンロードが可能です。

ナレッジ共有

LegalForceには、自社の契約ノウハウを社内全体でナレッジ共有できる機能が備わっています。

LegalForce上にアップロードした契約書などの自社ひな形は、自社専用の契約書データベースとしてご活用いただけます。検索性が高いので、閲覧したい契約書を簡単に見つけられます。

また、案件に関する情報や修正の背景を、コメントとして契約書毎に残すことも可能です。さらに、契約書の修正履歴を見やすく管理し、後から別の担当者が見ても交渉・修正の過程を辿ることができます。

LegalForceで業務委託契約業務を効率化 / LegalForceでリスクの見落としを防止

業務委託契約は、各企業において締結頻度が高い一方で、その内容は個別にアレンジする必要があります。きちんとした業務委託契約を締結するには、法務担当者による目視のチェックと、AIツールによる機械的なチェックを併用することが効果的です

LegalForceは業務委託契約のレビューを、リスク検知支援・リサーチ支援などの便利な機能によってサポートいたします。そのほかにも幅広い契約に対応していますので、ご関心のある方はLegalForceの資料請求をご検討ください。

CB_CTAバナー_PC

業務委託契約についてさらに詳しく知りたい方は、以下のダウンロード資料もご利用ください。

「主な機能、できること、導入メリット、数字でわかる導入効果、導入いただいたお客様の声」等、業務委託契約の基本を解説したおすすめ資料を無料で配布しています。

AI契約審査プラットフォーム LegalForce
AI契約審査プラットフォーム

 LegalForce

AI契約審査プラットフォーム LegalForce

高品質な契約書レビューを、手間なく実現する、
「AI契約審査プラットフォーム」です。

AI契約書管理システム LegalForceキャビネ

契約書管理の効率化を叶える
「AI契約書管理システム」です。