「ITツール活用をアピールし地元企業の顧問先獲得・信頼向上を実現」弁護士のLegalForce活用事例

「ITツール活用をアピールし地元企業の顧問先獲得・信頼向上を実現」弁護士のLegalForce活用事例
ダウンロードはこちら

「ITツール活用をアピールし地元企業の顧問先獲得・信頼向上を実現」弁護士のLegalForce活用事例

資料概要

群馬県内の企業・個人事業主を中心にリーガルサービスを展開する「はばたき法律事務所」は、2020年にLegalForceを導入しました。その効果は効率化にとどまらず、「ITツール導入をアピールすることで他事務と差別化が図れる」と言います。
顧問先の新規獲得や信頼向上に、LegalForceがどのように役立っているのか、代表弁護士の羽鳥 正靖先生に伺いました。

※本資料は、弁護士ドットコムタイムズ2022年3月号に掲載された取材記事です。

お話を伺った先生

羽鳥 正靖先生

羽鳥 正靖先生

はばたき法律事務所 代表弁護士

群馬県高崎市の法律事務所に勤務の後、2020年に前橋市にはばたき法律事務所を設立。地方において交通事故・相続など身近な法律トラブルから、知的財産権といった分野についても気軽に相談できる「町医者」のような弁護士事務所をコンセプトとしている。
契約書のリーガルチェック・労働問題対応・債権回収など地元企業の多様な法的ニーズに対応するために業務の効率化を行っている。