契約書レビューの「時間短縮」と「品質向上」を短時間で実現

契約書レビューの「時間短縮」と「品質向上」を短時間で実現
ダウンロードはこちら

契約書レビューの「時間短縮」と「品質向上」を短時間で実現

資料概要

顧問先の多くがIPOを目指すベンチャー企業という如水法律事務所。代表弁護士の橋本道成先生は、「レビューのスピードアップと品質向上を両立させる方法を模索していました」と語ります。多数・多様な契約書の作成やレビューが必要な一方、レスポンスの早さを重視される事情がありました。LegalForceを導入してもたらされた変化とは。具体的な活用シーンも伺いました。

※本資料は、Attoney‘s MAGAZINE 2022年4月号Vol.80に掲載された取材記事です。

お話を伺った先生

橋本 道成先生

橋本 道成先生

如水法律事務所 代表弁護士

2004年東京大学法学部卒業、2006年九州大学大学院法務学府修了。2007年に弁護士登録し、弁護士法人北浜法律事務所を経て、2017年に福岡市にて如水法律事務所を設立。現在は、地場の中小企業及びスタートアップ企業の法律顧問業務を行うほか、グループ内の監査法人、税理士法人、社会保険労務士事務所とも連携しながら、事業再編(M&A)案件なども行っている。

ダウンロードはこちら

本ページのフォームに必要情報を入力して送信してください。ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロード方法をご案内させていただきます。なお、Gmail等のフリーアドレスでのお申込や、株式会社LegalForceと同業の方からのお申込はご遠慮いただいております。

送信ボタンを押すことで、お客様が要求した情報を提供する目的で、株式会社LegalForceが上記から送信された個人情報を保管・処理することに同意したものとみなされます。お客様はこれらの情報提供をいつでも停止できます。情報提供を停止する方法、およびお客様の個人情報を尊重して保護するための弊社の取り組みについては、弊社のプライバシーポリシーをご覧ください。