[2022年5月公布]民事訴訟法改正のポイント

[2022年5月公布]民事訴訟法改正のポイント
ダウンロードはこちら

[2022年5月公布]民事訴訟法改正のポイント

資料概要

2022年5月18日に国会で可決・成立した改正民事訴訟法には、
民事訴訟のIT化に関する大幅な改正が盛り込まれました。IT化により、

・訴状の提出
・訴訟記録の閲覧や複写
・口頭弁論を含む各種手続
などがオンライン化され、民事訴訟の大幅な利便性向上が期待されます。

本資料では、民事訴訟法改正による裁判のIT化について、改正の背景・改正のポイントなどを分かりやすく解説します。

目次

1.【2022年5月公布】民事訴訟法改正とは
公布日・施行日
民事訴訟のIT化が行われる背景
民事訴訟のIT化における課題|「3つのe」とは
e提出(e-Filing)
e事件管理(e-Case Management)
e法廷(e-Court)

2.民事訴訟法改正によるIT化のポイント
①オンラインでの訴状提出が可能に
②訴訟記録の閲覧・複写がオンラインで可能に
③口頭弁論のオンライン実施が可能に
④弁論準備手続の完全オンライン実施が可能に
⑤その他の各種手続もオンライン実施が可能に
⑥証人尋問のオンライン実施要件が緩和

3.民事訴訟のIT化によって期待される主なメリット
遠方からも訴訟に参加しやすくなる
訴訟記録の閲覧・複写が容易になる
紙媒体資料の削減|裁判所の事務負担が軽減される
民事訴訟の審理が充実する

※なお、本資料は契約書にまつわる情報メディア「契約ウォッチ」の「【2022年5月公布】民事訴訟法改正とは? 民事訴訟(裁判)のIT化を解説!」の記事を再編集したものです。

※本資料は、2022年8月1日公開時点の記事内容に基づいています。