【LegalForce機能アップデート】 AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、 「自社基準レビュー」機能をアップデート

2022.09.28

~自社基準のひな形との差分ハイライト機能で、契約書審査の効率化を支援~

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」( https://legalforce-cloud.com/ )を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、「自社基準レビュー」機能において審査中の契約書の条文と、自社基準のひな形の条文の差分がハイライトされる機能を搭載しました。

「自社基準レビュー」機能とは

自社の契約書ひな形の作成基準に沿った契約書の審査をサポートする「LegalForce」の機能です。契約書を「LegalForce」にアップロードすると自社で登録した基準が指摘事項として表示されます。加えて、契約書審査基準の標準化にも役立ち、社内のナレッジシェアに貢献します。

「自社基準レビュー」機能アップデートで、契約書審査の効率化を支援

契約書審査業務において、自社特有の審査基準を設けている企業が多くあります。そういった企業では自社特有の審査基準と照らし合わせて、契約書レビューを行うことで審査基準の均一化を図っています。今回、「LegalForce」では自社基準レビューのアップデートを行い、審査中の契約書と自社基準が登録されている自社の契約書ひな形の条文との差分がハイライトされるようになりました。これにより、取引の相手方が自社の契約書ひな形に対して行った修正が一目で確認でき、効率的な契約書審査が可能になります。

LegalForceでは、今後も弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行ってまいります。

▽LegalForceのお問い合わせはこちら
https://legalforce-cloud.com/

契約審査を、流れるようにスピーディーに

LegalForceの資料をダウンロード
サービス資料ダウンロード
法改正などのお役立ち資料を
ダウンロードいただけます。
資料ダウンロード一覧
LegalForceが開催する
セミナーにご参加いただけます。
セミナー一覧