AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、 オンラインエディタ機能をオープンβ版として12月中旬より提供開始
~「LegalForce」上で契約書の編集業務が完結~

2022.12.01

株式会社LegalOn Technologies(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望)は、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」で契約書の編集が可能になるオンラインエディタ機能をオープンβ版として2022年12月中旬より提供開始を予定しております。これにより、「LegalForce」上で、契約審査業務をワンストップで対応することが可能になります。

契約書に特化した編集機能で契約審査業務の利便性向上を支援

契約業務は、(1)案件の受付、(2)契約書の起案・審査、(3)締結、(4)管理の4ステップで構成されています。(1)案件の受付、(2)契約書の起案・審査においてはAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を、(3)の契約の締結においては電子締結サービスと連携し、(4)管理においてはAI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供しています。

これまで(2)契約書の起案・審査業務のうち、契約書の編集業務については外部の文書作成・編集サービスを使用する必要がありました。今回のオンラインエディタ機能の提供により、文書の編集・保存をはじめ、コメントの追加や返信、変更履歴が残せるようになり、「LegalForce」上で契約書の編集業務を完結できます。

これにより、「LegalForce」上で契約審査業務をワンストップで対応することが可能になります。

「LegalForce」オンラインエディタ機能の特徴

・契約書の編集・保存をはじめ、コメントの追加・返信や変更履歴が残せるようになり、「LegalForce」上で契約書の編集作業を完結できます。
・契約書の編集に必要な機能のみを実装。使用頻度の高い機能に絞ることで、契約書の編集作業に集中することができます。
・オンラインエディタ機能で編集した契約書は、自動的に最新バージョンとして「LegalForce」に保存されます。修正した契約書をその都度アップロードする手間を省くことができます。

今後も、弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行ってまいります。

契約審査を、流れるようにスピーディーに

LegalForceの資料をダウンロード
法改正などのお役立ち資料を
ダウンロードいただけます。
資料ダウンロード一覧
法務の実務に役立つセミナー
を開催しています。
セミナー一覧