無料WEBセミナー「Basics of English-language Contracts~英文契約の基礎~」

お申込みはこちら

無料WEBセミナー「Basics of English-language Contracts~英文契約の基礎~」

国際取引を行う場合には必須の英文契約のドラフトやレビュー。
英文契約は日本語の契約よりも詳細で長いことが多い上、専門用語も多く使われるため、ドラフトやレビューをするには基本知識が必須です。

「shallやwill等どの助動詞を使えばいいんだろう?」「英文契約における自然な表現って?」といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

本セミナーでは、米国・日本の両方で紛争案件・国際仲裁を専門に扱ってきたJoel Greer外国法事務弁護士(原資格国:米国コロンビア特別区)が「英文契約の基本構造」から「英文契約でよく用いられる英単語」まで、具体的な例文を用いながら、英文契約をドラフト・レビューする際に気を付けるべきことを解説いたします。
※セミナーは英語・日本語の両方で行います。

こんな方におすすめです

✓これから英文契約書レビューの勉強をはじめたい方
✓英文契約書のレビューに苦手意識がある方
✓英文契約書レビューの指導方法を知りたい方

プログラム

    • 18:00 - 19:15
    • セミナー
    • 19:15 - 19:30
    • 質疑応答

講師

講師:Joel Greer 外国法事務弁護士(原資格国:米国コロンビア特別区)

講師:Joel Greer 外国法事務弁護士(原資格国:米国コロンビア特別区)

法律事務所ZeLo 外国法共同事業

2000年イェール・ロー・スクール卒業(J.D.)。2001年米国マサチューセッツ州弁護士登録、Gilbert Heintz and Randolph法律事務所入所。2003年Hughes Hubbard & Reed法律事務所入所。2006年White & Case法律事務所入所。2007年外国法事務弁護士登録。2015年ベーカー&マッケンジー法律事務所入所。2019年9月、法律事務所ZeLo・外国法共同事業に参画。弁護士としての主な取扱分野はジェネラル・コーポレート・ガバナンス、訴訟・紛争対応など。Legal 500、Chambers Asia Pacific、Chambers Globalと多くの受賞歴があり、執筆も数多く手掛けている。

モデレーター:南 知果 弁護士

モデレーター:南 知果 弁護士

法律事務所ZeLo 外国法共同事業

2012年京都大学法学部卒業、2014年京都大学法科大学院修了。2016年西村あさひ法律事務所入所。2018年4月、法律事務所ZeLoに参画。弁護士としての主な取扱分野は、スタートアップ支援、FinTech、M&A、ジェネラル・コーポレート、危機管理・コンプライアンスなど。消費者庁「消費者のデジタル化への対応に関する検討会AIワーキンググループ」委員を務めるなど、ルールメイキング/パブリックアフェアーズに関する業務も行っている。

開催概要

    • 開催日時
    • 2020年10月14日(水)18:00-19:30
    • 視聴方法
    • ・お申込いただいた方へ、開催前日までにお知らせいたします。
      ・前日までに案内メールが届かない方は、お手数ですが、seminar@legalforce.co.jpまでお問合せください。
    • 受講料
    • 無料
    • 第三者への情報提供について
    • 以下のフォームで入力いただいた個人情報は、本セミナーを共催する法律事務所ZeLo・外国法共同事業への提供を予定しております。本セミナーの共催者以外の第三者に提供することは、ご本人様の同意がある場合又は法令に基づく場合を除いてございません。
    • ご注意
    • 同業他社や法律事務所の方のご参加はご遠慮いただいております。

お申込み

本セミナーのお申込み受付は終了いたしました