あなたの会社は大丈夫?下請法の注意点

お申込みはこちら

あなたの会社は大丈夫?下請法の注意点

購買・調達業務など、社外へ業務を委託するとき、どのようなことに注意していますか?
その取引にまったく問題がないと胸を張って言えますか?

近年、企業のコンプライアンスが高い注目を集めており、その要素のひとつとして、公正で公平な取引が求められています。しかし、公正取引委員会によると、企業の下請法違反行為に対する指導件数は、年々増加の一途をたどっています。下請法違反をした場合、行政指導・改善勧告を受けることになり、取引先や顧客からの信頼を大きく損なう可能性があります。

本セミナーでは、親事業者にはどのような義務があるのか、取引で禁止行為を避けるための対応策は何かといった「下請法の基本」について、法律事務所ZeLo・外国法共同事業の高井雄紀弁護士が、公表事例を踏まえて解説いたします。

こんな方におすすめです

・外注取引を担当している親事業者の方
・下請けをしている下請事業者の方
・法律の前提知識なく法務になったご担当者様

登壇者

高井 雄紀 弁護士(第一東京弁護士会所属)

高井 雄紀 弁護士(第一東京弁護士会所属)

法律事務所ZeLo 外国法共同事業

2012年一橋大学法科大学院修了。
一般企業にて東南アジア進出ビジネスに従事した後、2016年弁護士登録。
三菱重工業株式会社を経て、2018年法律事務所ZeLo・外国法共同事業に参画。
独占禁止法/ジェネラル・コーポレート/IT・知的財産権/情報法/渉外法務/スタートアップ支援法務を主要な取扱業務とする。ブロックチェーン、暗号資産の流行前からその潜在性に注目して研究を進め、現在ではその知見を活かして当該分野の法務を多数担当。

開催概要

    • 開催日時
    • 2021年2月16日(火)18:00-19:30
    • 視聴方法
    • YouTube Live配信
      お申いただいた方へ、開催前日まで視聴用URLをメールにてご案内いたします。
      前日正午までに案内メールが届かない方は、お手数ですが、seminar@legalforce.co.jpまでお問合せください。
    • 受講料
    • 無料
    • ご注意
    • 株式会社LegalForceと同業他社にあたる方や法律事務所にご所属の方のご参加はご遠慮いただいております。

お申込み

本セミナーの申込受付は終了いたしました