AIは法務の仕事を奪うのか?AI×契約業務の現在地

お申込みはこちら

AIは法務の仕事を奪うのか?AI×契約業務の現在地

2015年頃から本格的に実用化され始めたAIは、いまでは多くの業務支援ツールに取り入れられ、AIを活用して業務のレベルや効率を向上させる働き方が一般化してきています。そしてそれは法務においても例外ではなく、AIを搭載した業務支援ツールを活用して法務業務にあたる企業の法務部門や弁護士の数は、年々増加しています。

しかし、2015年当時に勃興した「AIは法務の業務を奪うのか」という議論の行き先は、まだ決着のつかないままいまに至ります。

本セミナーでは、リーガルテック先進国・米国におけるリーガルテックの浸透状況をもとに、法務AIの到達点について、最新の状況をお届け致します。

こんな方におすすめです

・リーガルテックの最新動向を知りたい方
・アメリカにおけるリーガルテックの現状に関心のある方
・法務業務・契約業務におけるAI活用に興味のある方

登壇者

講師:角田 望

講師:角田 望

株式会社LegalForce 代表取締役CEO

2010年京大法卒、旧司法試験合格、2012年弁護士登録。2013年森・濱田松本法律事務所入所、M&Aや企業間紛争解決に従事。2017年独立、法律事務所ZeLo・外国法共同事業開設及び株式会社LegalForceを設立し、現職。

開催概要

    • 開催日時
    • 2021年2月25日(木)15:00-16:00
    • 視聴方法
    • YouTube Live配信
      お申いただいた方へ、開催前日まで視聴用URLをメールにてご案内いたします。
      前日正午までに案内メールが届かない方は、お手数ですが、seminar@legalforce.co.jpまでお問合せください。
    • 受講料
    • 無料
    • ご注意
    • 株式会社LegalForceと同業他社にあたる企業に所属されている方はご参加いただけません。

お申込み

本セミナーの申込受付は終了いたしました