事例で学ぶ!Web3時代のビジネスモデルと法規制 ~NFT×ゲーム~

事例で学ぶ!Web3時代のビジネスモデルと法規制 ~NFT×ゲーム~
お申し込みはこちら

事例で学ぶ!Web3時代のビジネスモデルと法規制 ~NFT×ゲーム~

現在、「Web3.0(以下「Web3」)」を日本の成長戦略の柱にし、デジタル経済圏を拡大すべく、政府の動きが活発化しています。

ビジネスにおいても、Web3やNFTに関する様々な新規事業が立ち上げられています。たとえば、日本が国際的競争力を持つゲーム業界では、プレイしながらNFTと紐づいたゲーム内アイテムやキャラクターを獲得できる「NFTゲーム」などが開発されています。

急速な発展を遂げているNFTは、関連する法規制の範囲が広く、リスクを把握しにくいという問題もあります。企業としては、現行の法規制を把握しつつ、どのようにビジネスモデルを構築するかが鍵となります。

セミナーでは、Web3時代におけるNFTのトレンドから、事例をもとにしたビジネスモデル、関連する法規制まで解説します。特に、海外で話題のNFTゲームを日本で展開する場合、どのような法規制の検討が必要かなど具体的な事例を交えてお話しします。

講師を務めるのは、ブロックチェーンや暗号資産の流行前からその潜在性に注目し、研究・実務を進めてきた法律事務所ZeLo・外国法共同事業の小笠原 匡隆代表弁護士と高井 雄紀弁護士です。

こんな方におすすめです

1. 企業の新規事業・企画担当者の方
2. スタートアップ企業の経営者の方
3. 企業の法務担当者の方
4. Web3・NFTに興味のある方

講師

小笠原 匡隆 代表弁護士(第二東京弁護士会所属)

小笠原 匡隆 代表弁護士(第二東京弁護士会所属)

法律事務所ZeLo・外国法共同事業

2009年早稲田大学法学部三年次早期卒業、2011年東京大学法科大学院修了。2012年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)。2013年森・濱田松本法律事務所入所。2017年法律事務所ZeLoを創業すると共に、株式会社LegalForceを創業。
仮想通貨の規制がかかった当初から、自ら仮想通貨を購入しブロックチェーン技術を研究。日本ブロックチェーン協会(JBA)リーガルアドバイザーをつとめる。主な取扱分野は、ブロックチェーン・暗号資産、FinTech、IT・知的財産権、M&A、労働法、事業再生、スタートアップ支援。

高井 雄紀 弁護士(第一東京弁護士会所属)

高井 雄紀 弁護士(第一東京弁護士会所属)

法律事務所ZeLo・外国法共同事業

2012年一橋大学法科大学院修了。一般企業にて東南アジア進出ビジネスに従事した後、2016年弁護士登録。三菱重工業株式会社を経て、2018年法律事務所ZeLo参画。ジェネラル・コーポレート、独占禁止法、IT・知的財産権、情報法、渉外法務、スタートアップ支援を主要な取扱分野とする。ブロックチェーン・暗号資産の流行前からその潜在性に注目して研究を進め、現在ではその知見を活かして当該分野の法務を多数担当。

開催概要

    • 開催日時
    • 2022年6月16日(木)14:00~15:30
    • 視聴方法
    • お申込いただいた方へ、開催前日に視聴用URLをメールにてご案内いたします。
      前日正午までに案内メールが届かない方は、お手数ですが、seminar@legalforce.co.jpまでお問合せください。
    • 受講料
    • 無料
    • ご注意
    • 以下の事項につきあらかじめご了承のうえお申し込みください。
      ・株式会社LegalForce(以下「当社」という)と同業他社に所属される方や法律事務所に所属される方のご参加はご遠慮いただいております。
      ・講義資料はセミナー終了後にアンケートへお答えいただくとダウンロードしていただけます。事前配布はございません。
      ・講義の内容は講師に一任をしており、当社は監修等を行っておりません。
      ・講義内容へのご質問はセミナー開催時間内のみ受け付けいたします。セミナー終了後にいただいたご質問へはお答えできません。また、セミナー開催時間内にいただいたご質問であっても、全てのご質問にお答えすることをお約束するものではありません。
      ・お申込み情報に不備がある場合、参加をお断りさせていただく場合がございます。各項目を正しくご入力の上、お申込みくださいますようお願いいたします。
      ・本セミナーに関し、予告なくセミナータイトル等を変更させていただく場合がございます。