事業者と弁護士が解説!NFT×不動産のビジネスと法的論点

事業者と弁護士が解説!NFT×不動産のビジネスと法的論点
お申し込みはこちら

事業者と弁護士が解説!NFT×不動産のビジネスと法的論点

現在、Web3に関する市場は活発化しており、様々な新規事業が生まれています。2022年6月に公表されたいわゆる「骨太の方針」では、ブロックチェーン技術を基盤とするNFT(非代替性トークン)の普及に向けた環境整備の促進が盛り込まれており、最も注目を浴びる分野の一つとなっています。

NFTは急速な発展を遂げている反面、関連する法規制の範囲が広く、リスクの把握や最新情報のキャッチアップが難しいという問題もあります。企業が新たなビジネスモデルを構築し、円滑に運用していくためには、現行の法規制や動向の把握が必要不可欠です。

本セミナーは、不動産分野においてNFTを取り入れた事業を展開する、株式会社Zofukuの代表・新倉康明氏をゲストにお招きします。
前半は弁護士による講義形式で、NFT全般の基礎知識や、ビジネスに関わる法規制などを解説します。
後半は対談形式で、NFTに着目した経緯や実際のビジネスにおける取り組み、今後の展望など、事業者と弁護士双方の目線からお話しいたします。

講師を務めるのは、ブロックチェーンや暗号資産の流行前からその潜在性に注目し、研究・実務を進めてきた法律事務所ZeLo・外国法共同事業の高井 雄紀弁護士です。

こんな方におすすめです

1. 不動産ビジネスに携わる方
2. 企業の新規事業・企画担当者の方
3. スタートアップ・ベンチャー企業の経営者・経営陣の方
4. 企業の法務部門の方

講師

新倉 康明 氏

新倉 康明 氏

株式会社Zofuku 代表

早稲田大学商学学術院修了。宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士。
2019年株式会社Zofukuを創業。ブロックチェーンノードの販売・管理、不動産領域のブロックチェーン・NFTの活用を軸とした事業を開始。

高井 雄紀 弁護士(第一東京弁護士会所属)

高井 雄紀 弁護士(第一東京弁護士会所属)

法律事務所ZeLo・外国法共同事業

2012年一橋大学法科大学院修了。一般企業にて東南アジア進出ビジネスに従事した後、2016年弁護士登録。三菱重工業株式会社を経て、2018年法律事務所ZeLo参画。ジェネラル・コーポレート、独占禁止法、IT・知的財産権、情報法、渉外法務、スタートアップ支援を主要な取扱分野とする。ブロックチェーン・暗号資産の流行前からその潜在性に注目して研究を進め、現在ではその知見を活かして当該分野の法務を多数担当。

開催概要

    • 開催日時
    • 2022年8月31日(水)14:00-15:15
    • 参加費
    • 無料
    • 視聴方法
    • お申込いただいた方へ、開催前日までに視聴用URLをメールにてご案内いたします。
      前日正午までにご案内メールが届かない方は、お手数ですが、LegalForceセミナー事務局(seminar@legalforce.co.jp)までお問合せください。
    • ご注意
    • 以下の事項につきあらかじめご了承のうえお申し込みください。
      ・株式会社LegalForce(以下「当社」という)と同業他社に所属される方や法律事務所に所属される方のご参加はご遠慮いただいております。
      ・講義資料はセミナー終了後にアンケートへお答えいただくとダウンロードしていただけます。事前配布はございません。
      ・講義の内容は講師に一任をしており、当社は監修等を行っておりません。
      ・講義内容へのご質問はセミナーお申込み時点のみ受け付けいたします。セミナー時間内およびセミナー終了後にいただいたご質問へはお答えできません。また、セミナーお申込み時点にいただいたご質問であっても、全てのご質問にお答えすることをお約束するものではありません。
      ・お申込み情報に不備がある場合、参加をお断りさせていただく場合がございます。各項目を正しくご入力の上、お申込みくださいますようお願いいたします。
      ・本セミナーに関し、予告なくセミナータイトル等を変更させていただく場合がございます。