スタートアップM&Aも解説!M&Aの全体像と押さえておきたい要点

スタートアップM&Aも解説!M&Aの全体像と押さえておきたい要点
お申し込みはこちら

スタートアップM&Aも解説!M&Aの全体像と押さえておきたい要点

近年、日本企業が関連するM&Aの件数は増加傾向にあり、2021年には過去最高件数を記録しています。また、イノベーションの担い手であるスタートアップ企業を対象としたM&Aが注目を集めています。

現状、日本は米国と比べてエグジット手段に占めるM&Aの割合が低い状況です。しかしM&Aは、大企業などの事業会社にとってはオープンイノベーションによる中長期的な価値向上に、スタートアップ企業にとっては安定的な成長につながるとされています。2022年10月には、政府が大企業のスタートアップ買収の際に法人税を軽減することを検討しているというニュースも話題になりました。

他方で、M&Aというワード自体は知っていても、全体像の把握や流れまでは押さえられていない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本セミナーでは、M&Aの全体像や各手順における要点を基礎から解説します。あわせて、注目を集めているスタートアップM&Aで留意しておくべき点についても説明します。講師を務めるのは、数多くのスタートアップ企業の日常法務を担当しながら、M&Aについても豊富な実績がある、法律事務所ZeLo・外国法共同事業の官澤 康平弁護士です。

こんな方におすすめです

1.企業の法務・契約書担当の方
2.企業の経営企画・新規事業推進担当の方
3.ベンチャー・スタートアップ企業の経営者の方
4.M&Aの基本を知りたい方
5.スタートアップ企業のM&Aに興味のある方

講師

官澤 康平 弁護士(第一東京弁護士会所属)

官澤 康平 弁護士(第一東京弁護士会所属)

法律事務所ZeLo・外国法共同事業

2011年東京大学法学部卒業、2013年東京大学法科大学院修了、同年司法試験合格。2014年弁護士登録(第一東京弁護士会所属)、同年長島・大野・常松法律事務所入所。2019年8月法律事務所ZeLo参画。主な取扱分野は、M&A、ルールメイキング/パブリック・アフェアーズ、ジェネラル・コーポレート、訴訟・紛争、危機管理・コンプライアンスなど。執筆に「総会IT化を可能とするシステム・技術への理解」(ビジネス法務2020年12月号)、『ルールメイキングの戦略と実務』(商事法務)など。

開催概要

    • 配信期間
    • 2022年11月30日(水)15:00~16:30
    • 参加費
    • 無料
    • 視聴方法
    • お申込みいただいた方へ、視聴用のURLをメールにてお送りいたします。
      お申込みいただいてから30分経ってもメールが届かない場合は、お手数ですがLegalForceセミナー事務局(seminar@legalforce.co.jp)までお問合せください。
    • ご注意
    • 以下の事項につきあらかじめご了承のうえお申し込みください。
      ・株式会社LegalForce(以下「当社」という)と同業他社に所属される方や法律事務所に所属される方のご参加はご遠慮いただいております。
      ・講義資料はセミナー終了後にアンケートへお答えいただくとダウンロードしていただけます。事前配布はございません。
      ・講義の内容は講師に一任をしており、当社は監修等を行っておりません。
      ・講義内容へのご質問は、セミナーお申込み時点及びセミナー開催時間内に受け付けいたします。セミナー終了後にいただいたご質問へはお答えできません。また、セミナーお申込み時点及びセミナー開催時間内にいただいたご質問であっても、全てのご質問にお答えすることをお約束するものではありません。
      ・お申込み情報に不備がある場合、参加をお断りさせていただく場合がございます。各項目を正しくご入力の上、お申込みくださいますようお願いいたします。
      ・本セミナーに関し、予告なくセミナータイトル等を変更させていただく場合がございます。