個人情報保護法制の全体像を掴む!令和2年改正のポイントも解説

お申込みはこちら

個人情報保護法制の全体像を掴む!令和2年改正のポイントも解説

企業は取引先やユーザーとの間で、大切な「個人情報」を預かっています。しかし昨年2020年には、上場会社とその子会社で103件の個人情報漏えい・紛失事故が起こり、漏えいした個人情報の数は2,515万47人分に達したといいます。(東京商工リサーチ調べ)

それでは、個人情報の漏えい事故や誤った取扱いを防ぐために、どのような知識を持つ必要があるのでしょうか。

本セミナーでは、個人情報保護法制に初めて触れる方に向けて、「個人に関係する情報とは何か?」といった基本から、令和2年改正法により対応変更が生じるポイントまで、実際の事案を交えながら、法律事務所ZeLo・外国法共同事業の徐東輝弁護士が解説いたします。

令和2年改正法へ対応する前に、個人情報保護法制の全体像を掴みましょう!

こんな方におすすめです

・個人情報保護法制に初めて触れる方
・個人情報を取り扱う部門に所属し、改正で必要となる対応を知りたい方
・法務・総務・管理・情報セキュリティ部門の方

登壇者

徐 東輝弁護士(第二東京弁護士会所属)

徐 東輝弁護士(第二東京弁護士会所属)

法律事務所ZeLo 外国法共同事業

2014年京都大学法学部卒業、2016年京都大学法科大学院修了。2018年法律事務所ZeLo参画。2019年スマートニュース株式会社入社。
法/政治/テクノロジーを中心に、広く戦略法務に携わる傍ら、情報が持つ可能性や責任について研究を進めている。上級個人情報保護士。法務省「法務・検察行政刷新会議」オブザーバ委員(2020年)。ヘイ株式会社社外監査役。

開催概要

    • 開催日時
    • 2021年4月20日(火)17:00-19:00
    • 視聴方法
    • YouTube Live配信
      お申込いただいた方へ、開催前日までに視聴用URLをメールにてご案内いたします。
      前日正午までに案内メールが届かない方は、お手数ですが、seminar@legalforce.co.jpまでお問合せください。
    • 受講料
    • 無料
    • ご注意
    • 株式会社LegalForceと同業他社にあたる方や法律事務所にご所属の方のご参加はご遠慮いただいております。

お申込み