事例で学ぶ!重大な法務リスクの回避方法~ビジネスモデル・知財・労務~

事例で学ぶ!重大な法務リスクの回避方法~ビジネスモデル・知財・労務~
お申し込みはこちら

事例で学ぶ!重大な法務リスクの回避方法~ビジネスモデル・知財・労務~

法務リスクは、特に社内のリソースが限られているベンチャー企業・中小企業において、売上や利益に直結しないものとして見落とされてしまいがちなリスクです。

しかし、法務リスクが顕在化すると、会社の中長期的な成長を妨げる事態にもなりえます。また、法務リスクの内容によっては、会社のレピュテーション(評判)を著しく低下させ、会社や事業の存続にかかわることさえあり得ます。

そのため、会社の設立当初や新規事業の立ち上げ時期といった早い段階であっても、法務リスクを加味した経営判断は、会社の中長期的成長のために不可欠です。

本セミナーでは、ベンチャー企業や中小企業支援のプロフェッショナルである弁護士のおふたり、淵邊 善彦先生と坪田 晶子先生を講師にお招きし、特に重大な法務リスクが顕在化しやすい「ビジネスモデル」、「知的財産」、および「労務」に関する事例を題材に、リスクの回避方法を具体的に解説いただきます。

こんな方におすすめです

1. ベンチャー企業や中小企業の経営者の方
2. 法務部門の立ち上げを検討している管理部門責任者の方
3. IPOを見据えているベンチャー企業の経営者・管理部門責任者の方 ※特におすすめです。
4. 法務責任者・担当者の方

講師

淵邊 善彦 先生

淵邊 善彦 先生

ベンチャーラボ法律事務所 代表弁護士

1987年東京大学法学部卒業後、1989年弁護士登録、西村眞田法律事務所(現西村あさひ)勤務。1995年にロンドン大学UCL(LL.M.)を卒業し、2000年よりTMI総合法律事務所パートナー。2019年ベンチャーラボ法律事務所を開設。中央大学ビジネススクール客員教授(現在まで)。東京大学大学院法学政治学研究科教授(2018年まで)。
主にベンチャー・スタートアップ支援、M&;A、企業法務全般を取り扱う。
『強い企業法務部門のつくり方』(共著)、『トラブル事例からわかるアライアンス契約』、『契約書の見方・つくり方』など著書・論文多数。

坪田 晶子 先生

坪田 晶子 先生

法律事務所YOSHI代表弁護士/株式会社Connected with代表取締役

2009年東京大学法学部卒業、2011年慶応義塾大学法科大学院卒業。法律事務所で企業法務・紛争対応の経験を積み、環境省において任期付公務員として勤務したのち、ヘルスケア領域のIT系ベンチャー企業の企業内弁護士として勤務。
リーガル観点でベンチャー企業・中小企業の事業成長に貢献したいという思いから、2019年に法律事務所YOSHIおよび株式会社Connected withを設立し、ベンチャー企業・中小企業の企業法務、紛争対応、コーポレート体制構築、法務組織立ち上げ等を強みとして活動している。

開催概要

    • 開催日時
    • 2021年7月14日(水)18:00~19:30
    • 視聴方法
    • YouTube Live配信
      お申込いただいた方へ、開催前日までに視聴用URLをメールにてご案内いたします。
      前日正午までに案内メールが届かない方は、お手数ですが、seminar@legalforce.co.jpまでお問合せください。
    • 受講料
    • 無料
    • ご注意
    • 以下の事項につきあらかじめご了承のうえお申し込みください。
      ・株式会社LegalForce(以下「当社」という)と同業他社に所属される方のご参加はご遠慮いただいております。
      ・講義資料はセミナー終了後にアンケートへお答えいただくとダウンロードしていただけます。事前配布はございません。
      ・講義内容へのご質問はセミナー開催時間内のみ受け付けいたします。セミナー終了後にいただいたご質問へはお答えできません。また、セミナー開催時間内にいただいたご質問であっても、全てのご質問にお答えすることをお約束するものではありません。
      ・お申込み情報に不備がある場合、参加をお断りさせていただく場合がございます。各項目を正しくご入力の上、お申込みくださいますようお願いいたします。

お申し込みはこちら

お申し込み受付は終了いたしました。